写真・ビデオ

裁判の為に、配偶者の不貞行為の証拠を押さえることはとても重要です。
できれば、確実な証拠を揃えておきたいですが、写真やビデオで不貞行為
を撮影する際に、証拠の信憑性が求められます。
例えば、使い捨てカメラを使い撮影して、撮影日時の変更が出来ない
しっかりとした証拠です。フィルムに残るもので撮影してください。
デジカメ撮影のものは、証拠になりません。
日付だけでなく、不貞行為中の人物の顔がきちんと把握できるかどうかも
重要です。ビデオの場合も、同様に、顔が確認できるものが必要です。
日付があることで、一度だけなのか、継続して関係があるのか、相手の
人数などが分かり、慰謝料の額に影響してきます。
また、ビデオやレコーダーで話し合いを記録することも、後々重要ですが、
このとき、相手に自分が会話を記録することを伝えなければ、証拠として
認められません。中には、拒否する場合もありますがそのときは、事前に、
「今日の会話を記録させてもらいます。」と言い、紙とペンを出して記録
すれば、自分のかばんやポケットの中にあるボイスレコーダーやカメラは
提示しなくても証拠として認められます。
その他にも、メールのやり取りのコピーなども、証拠になります。

コメントは受け付けていません。