離婚協議書の作成ポイント

離婚協議書作成のポイントですが、まず何故必要なのかといえば、
なんでも口約束になってしまうケースが多く、口約束だけではなん
の保証もありませんし、言ったとか言わないなどという争いが後に
起こることがわかっています。ですから離婚後のトラブルを未然に
防ぐことを目的にして、取り決めたことを必ずこの協議書に記載し
なければいけないのです。取り決めたことがあるのにそれを書面に
して残さないというのはトラブルを起こすことにもつながります。

記載する内容は財産分与や慰謝料の支払額、財産分与と慰謝料の
支払い方法、養育費の支払い額、養育費の支払い方法、振込先、
養育費の免除や減額を決める場合には、それについても記載して
おく必要があります。

ポイントとしては弁護士や行政書士といったプロにまかせたほうが
安心です。何を協議書に記載してもいいわけではありませんから
、あとでトラブルが起きたときに、話し合いで解決する際にそれを
用いて解決をスムーズにさせるために記すものなので、その効力を
持たなければ意味がないのです。ですから双方で取り交わすよりも、
プロに入ってもらったほうが安心してやり取りをすることができる
でしょう。弁護士、行政書士が作成を手伝ってくれます。

コメントは受け付けていません。