不貞行為の立証

配偶者の浮気が原因で、離婚をし、慰謝料を請求したいと考えた場合、
大切になってくるのが浮気の証拠です。
夫婦の話し合いでの離婚の場合、配偶者が浮気をした事実を認めれば、
そこから慰謝料の話を進める事も可能ですが、配偶者が浮気を認めず、
離婚調停や裁判になると、よりしっかりとした証拠が必要になってき
ます。
離婚調停になってしまった場合、浮気として認められるのは、実際に
不貞行為を立証する証拠です。
配偶者が浮気相手と一緒に食事をした、頻繁に会っていたという
だけでは、離婚を認められない事になります。
ですから、配偶者の浮気を疑った際は、配偶者と浮気相手が一緒
にホテルに入っていく写真、出てくる写真など、実際に浮気相手
と性行為があったという確実な証拠を手に入れる事が大切になって
きます。
ただ、こうした証拠は素人では集めにくく、尾行などをすれば、
配偶者に気づかれてしまう可能性もあります。
ですから、確実な証拠を集めたい場合は、探偵など、浮気調査の
プロに任せるのがお勧めです。
浮気調査のプロであれば、離婚調停や裁判になった場合でも、
確実に浮気と認められる証拠を集める事が可能です。
配偶者の浮気に気づき、離婚や慰謝料について考えた場合、
まずは確実な証拠集めが大切です。

コメントは受け付けていません。